ロシア国立ペルミバレエ学校 日本校 - ペルミ・ワガノワメソッドの正しい継承者育成を通してバレエ界発展のために・・・

ペルミ・ワガノワメソッドの正しい継承者育成を通してバレエ界発展のために・・・

School—カリキュラム
 

 

クラシックバレエ、ワガノワ教授法

クラシックバレエ、ワガノワ教授法

アグリッピナ・ワガノワが確立した教授法とは1学年から8学年まで各学年で習得するそれぞれの「パ」と舞踊技法の指導法が明確に規定されている。教師は、その「パ」と舞踊技法が組み込まれた各学年のアンシェヌマンを厳格に指導し、生徒は繰り返し学習することによって、クラシックバレエの「パ」、舞踊技法を正確に体得するように作られた教授システムである。
この8年間のカリキュラムを毎年正確に学び、階段を上るようにカリキュラムをこなすことにより、生徒はクラシックバレエの基本姿勢、頭部・腕・脚の協調と調和のとれた身体の動かし方を学び、さらに、高度な回転、跳躍技からなるクラシックバレエの超絶技法を習得することによって高みにまで到達することができる。

 

キャラクターダンス

キャラクターダンス

キャラクターダンスは、クラシックバレエと異なる手脚のポジションとステップ、舞踊技法をもって踊られる。ロシア舞踊、ポーランド舞踊、イタリア舞踊、スペイン舞踊等の舞踊様式がある。ロシア本校は、このキャラクターダンスのための5年間の教授カリキュラムを定めている。「ポドスコック」、「スカチョック」、「プリジョク」等のキャラクターダンス特有の脚の運び方、「ストレート」と呼ばれる特有の脚のポジションから、クラシックバレエと全く異なる身体と顔の方向性など、これまで日本では学ぶ事の極めて困難であった舞踊技法を習得する。

 

ヒストリカルダンス

ヒストリカルダンス(歴史的民族舞踊)

ヒストリカルダンスとは、ヨーロッパの諸民族の間に長年にわたり培われ、踊られてきた歴史を持つ風俗・民族、文化、習慣に裏打ちされてきた舞踊である。クラシックバレエと異なるポジション、ステップを持ち、独自の拍子とテンポを有している。男女が組みになり踊るものもあり、お辞儀もそれぞれのダンスを生んだ文化、民族、風俗によって異なる。
ポロネーズ、ポルカ、ワルツ、フランス風カドリール、シャコンヌなどのカリキュラムが定められている。バレエダンサーはクラシックバレエのほか、このヒストリカルダンスの習得が必修であり、ワガノワ教授法教師の必修科目である。

 

ロシアバレエ史

ロシアでは、西欧より数世紀遅れて18世紀にバレエが始まった。皇帝の庇護の下、帝室バレエ学校が開校され、続いて帝室劇場のバレエ団が創設され、ロシア・バレエは急激に発展していった。19世紀後半には西欧を凌駕するレベルとなり、19世紀末には巨匠振付家マリウス・プティパとチャイコフスキーの音楽により、バレエの代名詞「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」が生み出されるに至った。20世紀に入ると、アグリッピーナ・ワガーノワがロシアの教育システムをまとめあげたワガーノワ・メソッドにより、ロシアのバレエの水準はさらに高まり、世界のバレエ界をリードし、多くの名舞踊手を世に送り出すようになった。本授業では、帝政時代から現代までのロシア・バレエの発展の歴史を、映像を見ながら学ぶ。

バレエ史

宮廷バレエ、ロマンチック・バレエ、ロシア・バレエ、ジョージ・バランシンの抽象バレエ等に焦点をあて、バレエの歴史の概要を理解する。

バレエ解剖動作

バレエを踊る、あるいは指導する際に、感覚的な理解や言語だけではなく、「体の関節や筋肉がどのように機能しているか」「重心がどのようにずれるとバランスが崩れるのか」「体の使い方のクセと怪我の関連性」などの解剖動作学的観点から動きをとらえることができるようになることは、バレエの動きをより深く理解することができ、正しいテクニックを習得し、パフォーマンスを向上させ、また的確なアドバイスを生徒に与える手がかりとなる。
本授業では、まず動作を理解するために必要不可欠な解剖学と動作学の基礎知識を得ることを第一目標とする。また怪我の発生原因、予防方法の知識を得、応急処置の実習を行い、自己管理にむけた実践的な能力を身につける。

バレエ動作生理

バレエは独特な美の価値観により、必要な体力レベルが高いのに体をスリムに保っていなければならない。健康であり、美しい体で、より長くバレエを踊っていくためには、正しい知識と実践が必要不可欠であるが、無理なダイエットと激しいクラスのバランスがとれていないことによる体調不良などがダンサーの間で見られることも少なくない。
本授業では、バレエ解剖動作の知識をもとにバレエ特有の姿勢や動作の成り立ちを理解し、体力とダイエットのバランスのとれた体で踊ることを考えていく。

プロデュース論

クラシックバレエはヨーロッパの歌劇場・宮廷で生まれ育った総合舞台芸術である。授業では、クラシックバレエを形成する舞台芸術の構成要素となる劇場舞台の形式や舞台装置、衣装、照明、音響など舞台制作の側面から解説する。さらにバレエ公演、発表会などの制作業務のプロセスを側面から考察する。

フランス語

クラシックバレエ用語であるフランス語を言葉から解釈する。

ロシア語会話

ロシアのクラシックバレエのより深い知識を理解するため、日常会話を中心としたロシア語の学習を行う。

メイクアップ

クラシックバレエフルメイクのデモンストレーションと実習

コンテンポラリーダンス

ボディコンディショニング